バランスの良いダイエットで痩せよう|妊婦におすすめの方法とは

体重を落としたい人の味方

婦人

ストレスレスできれいに

ベスト体重まで落として美しくなりたい、あの女優さんのようにスリムになりたい、そんな願いをもってダイエットしている人は大変多いでしょう。ダイエットを頑張っている人は「おやつ」を絶対食べてはいけないもの、と肩に力をいれて頑張っている人が多いようですが、これではストレスがかかって逆効果です。おやつは食べる内容と時間に気を付けて、効果的で賢いダイエットをしましょう。まずおやつをたべる時間は15時にするとよいです。理由は体内時計にあります。体内には、脂肪貯蓄の立役者となるビーマルワンという時計遺伝子があり、時間によってビーマルワンが増えたり減ったりして脂肪の貯蓄率を変えています。ビーマルワンは日中明るい時間、特に14時から15時ごろ最も少なくなり暗くなる朝と夜にかけて増加します。おやつを14時から15時にとると脂肪貯蓄遺伝子が最も少ない時間であり、食べても太りにくいのです。また食べる内容が重要です。カロリーが低く栄養バランスやタンパク質などもあり、美味しくて腹持ちがよく満足感のあるものがベストです。栄養バランスやタンパク質が不足すると満足感がなく無駄に食べてしまいがちですので、栄養バランスが実はダイエットに非常に大切なのです。おすすめは栄養もたっぷりで食物繊維の多いナッツ類や、ミネラル豊富で女性に人気のドライフルーツ、満腹感のある豆乳などです。また健康食品として販売されているダイエットおやつもすぐれものです。ダイエットおやつとしてチョコバーやクッキー、ケーキなど様々な商品が販売されています。このような商品はカロリーも明確ですし、栄養バランスも満点で美味しくコストパフォーマンスも良いのでダイエットの強い味方です。ダイエットに大敵なストレスをなくし食べる時間に気を付け、賢くおやつを選び手軽に楽しくきれいになりましょう。